前へ
次へ

税理士への相続対策の相談が増加しています

平成27年から相続税が増税になりますので、税理士への相続対策の相談が大幅に増加しています。相続税の基礎控除は、現状は5千万円に法定相続人の人数かける1千万円を加算した金額ですが、平成27年にはそれが6割に削減されて、3千万円に法定相続人の人数かける6百万円を加算した金額になってしまいます。そのため、今までは相続税の心配が不要であった人も相続税のことを検討しなければならない場合があります。そのような人は、相続が発生した場合の納税資金の確保と相続財産の評価を引き下げる対策を税理士に相談するようになっているのです。相続税の納税資金を準備するために、生命保険に加入することも税理士に相談する人が増加しています。

top用置換

top用置換2
Page Top